メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

法隆寺住職の大野玄妙さん死去 71歳 金堂壁画公開へ尽力 「宗教者九条の和」呼び掛け人

【この国はどこへ行こうとしているのか】 思いを語る法隆寺の大野玄妙住職=奈良県斑鳩町で2009年12月25日、森園道子撮影

 世界遺産に指定されている奈良・法隆寺の第129世住職で、聖徳宗第6代管長の大野玄妙(おおの・げんみょう)さんが25日、肺がんのため奈良県橿原市の病院で亡くなった。71歳。通夜は近親者のみで27日午後6時、密葬は28日午後1時、いずれも同県斑鳩町幸前2の1の16の法隆寺グランドホテル。後日、本葬を営む予定だが日時は未定。自宅は同町法隆寺山内1の1…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  5. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです