特集

第46回社会人野球日本選手権

社会人野球の単独チーム日本一を争う第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。

特集一覧

NTT西・大江投手が好投 恩師もエール「ピンチの時ほど強気で」 社会人野球日本選手権

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【NTT西日本-沖縄電力】先発の役割を果たし、笑顔でマウンドを降りるNTT西日本の大江克哉投手=京セラドーム大阪で2019年10月25日、猪飼健史撮影
【NTT西日本-沖縄電力】先発の役割を果たし、笑顔でマウンドを降りるNTT西日本の大江克哉投手=京セラドーム大阪で2019年10月25日、猪飼健史撮影

 社会人野球日本選手権で、NTT西日本(大阪)の新人、大江克哉投手(23)が25日の沖縄電力戦に先発し、5回3分の1を1失点に抑え、チームを初戦突破に導いた。花園大で3年間監督だった西岡義夫さん(82)=滋賀県長浜市=は快投をたたえ、「ピンチの時ほど、快速球で内角を突く強気のピッチングを」と次戦に向けエールを送った。

 大江投手は京都市立塔南高から花園大に進学。2年時の京滋大学野球春季リーグでは、最速148キロの直球を低めに集めて5勝し、初優勝に貢献した。開幕直前に監督になったばかりだった西岡さんは「大江君がいたからこその奇跡だ」と言う。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文780文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る