メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

真凜“試練”に勝つ!タクシー事故で右すね打撲、首にテーピングも出場へ(スポニチ)

[PR]

フィギュアスケート GPシリーズ第2戦スケートカナダ公式練習(24日 カナダ・ケロウナ)

 現地で交通事故に遭った本田真凜(18=JAL)は、その恐怖に打ち勝つ意気込みを示した。この日2度の公式練習に参加。右すねにサポーター、首にテーピングをして汗を流し、複数の3回転ジャンプを成功させた。午前練習ではコーチの前で涙を流す場面もあったが、「ここからどうやって自分が強く気持ちを持てるかを試されているんだという気持ちで頑張りたい」と強調した。

 日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長によると、22日の午後6時ごろに非公式練習からホテルに向かう途中、田中らと乗っていたタクシーが追突事故。後部座席中央に座っていた本田は右すね打撲とおでこを痛め、救急車で病院に運ばれた。エックス線検査の結果は競技に問題はなく、コーチ、家族と相談した上で大会に出る結論を下したという。23日も2度の非公式練習で滑っており、回復途上。本田は「出ると決めたら最後までやり抜きたい」と決意をにじませた。(スポニチ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  5. 子供向けマスク 6日から販売 50回洗濯可 ミキハウス

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです