バレーボール Vリーグ女子 東レ、ホーム開幕戦黒星 2500人の声援、最後まで /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
センターから強いスパイクを放つ東レアローズの大野果歩選手(中央)=草津市野村3のYMITアリーナで、礒野健一撮影
センターから強いスパイクを放つ東レアローズの大野果歩選手(中央)=草津市野村3のYMITアリーナで、礒野健一撮影

 滋賀県を拠点とするバレーボールVリーグ女子の東レアローズは26日、YMITアリーナ(草津市野村3)にトヨタ車体クインシーズを迎えて、ホーム開幕戦を戦った。試合は1―3で敗れたが、今年6月にオープンした同アリーナで行われる初の公式戦に、約2500人の観客は大きな声援を送り続けた。【礒野健一】

 東レは日本代表の黒後愛選手が、けがでベンチを外れる中、高卒ルーキーで同じく日本代表の石川真佑選手や、大野果歩選手が躍動。195センチの長身アタッカー、クラン選手=スロバキア出身=もアタックとブロックでチームを鼓舞し、25―21で第1セットを奪った。しかし、第2セット…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文700文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集