メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

剣士、合流で志新た 綾部の2道場合併 「篤心館」発足 /京都

記念式典で模範稽古を披露する篤心館の少年剣士(左)=綾部市西町3の市民センターで、佐藤孝治撮影

 綾部市の剣道場「宏修館道場」と「中筋剣志館」が、同市西町3の新市民センターに武道場ができたのを機に合併し、綾部剣道連盟(柴田仁実会長)の育成部「篤心館」として発足した。真新しい武道場で26日、発足式が開かれ、合流した剣士たちは剣道範士らの演武を見て、精進への気持ちを新たにした。

 「篤心館」は、綾部藩の藩校に由来し、親…

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文344文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡99.8%、東京98% 新規感染減に不可欠な「行動抑制率」 専門家が試算

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 外出自粛で追い込まれる個人経営の飲食店 業界関係者が応援サイト立ち上げ

  4. 中1女子被害 強制わいせつ容疑者の動画 小倉北署公開

  5. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです