メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しまねの高校探訪

松江東 芸人、バスケ選手ら多彩に /島根

安部潤=2017年撮影

 1983(昭和58)年に開校した比較的「若い」学校だ。創設以来のモットーは生徒と教員が一緒になって切磋琢磨(せっさたくま)する「師弟同行」。

 卒業後に県外に出たとしても地域のことを思う心や、他者と協力する力を育もうと「地域共創人」の育成を掲げる。卒業生会は「東雲(しののめ)会」。

 校舎が近い島根大学との交流が盛んで、2年次には「イノベーション創生基礎論I」に参加し、大学生とともに6回程度の講義を受ける。

 一般に修学旅行がないと言われる県内高校では珍しく「東京研修旅行」があり、都内のOBに会ったり、生徒自らアポイントメントを取った企業で県内イベントのPRを相談したりするなど実践的な学びに取り組む。

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文687文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです