メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝倉三連水車保存など尽力、香月氏の人柄や資料紹介 久留米大で公開講座 60人聴講 /福岡

 朝倉市の三連水車(国史跡)や久留米市のハゼ並木などの保存に尽力した研究者、香月徳男氏(1927~2006年)の人柄や残された資料について紹介する公開講座が26日、久留米市御井町の久留米大御井キャンパスであり、約60人が聴講した。香月氏が残した膨大な写真や資料が同大の御井図書館に寄贈されることになり、図書館と資料整理をしてきた香月徳男資料保存研究会が企画した。

 香月氏は、勤めていた久留米市の善導寺郵便局を44歳で辞め研究に専念。古民家の研究や水車、ハゼの保存に取り組み、史跡や文化財指定に貢献した。残された写真やノートなどの資料は親交のあった研究者らが整理し、データベース化を進めている。今年度にも同図書館で一般公開される見込み。

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  2. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  3. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  4. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  5. 保育園の「慣らし保育」やり直し必要 保護者と職場は理解を 緊急事態解除で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです