メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人めぐり

「東九州過労死を考える家族の会」代表 桐木弘子さん(62)=川南町 苦しむ遺族に寄り添い /宮崎

桐木弘子さん

 宮崎、大分両県の遺族らでつくる「東九州過労死を考える家族の会」が来月、活動から3年を迎える。代表の桐木弘子さん(62)は、2007年に長男史哲(ちかのり)さん(当時23歳)を亡くし、母としての自責の念と新たな悲劇を出さない社会を願って啓発活動に取り組む日々だ。桐木さんに過労死を防ぐには何が必要なのかを聞いた。【柳瀬成一郎】

 Q 長男史哲さんはどんな経緯で亡くなったのですか

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1136文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  5. 職員2700人、給与額流出 ほぼ全員分、住所や学歴情報も 青森・弘前市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです