メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

「8時間で帰れる職場」訴え(その1) 現役教師、働き方問う

院内集会を開き、学校の働き方改革を訴える高校教諭の西村祐二さん=東京都千代田区の参院議員会館で2019年10月8日、北山夏帆撮影

 居並ぶ国会議員や報道陣を前にしても、緊張や動揺を見せなかった。東京・永田町の参院議員会館で8日に開かれた学校の働き方改革を求める集会。マイクを握った岐阜の県立高校教諭、西村祐二さん(40)が「オフレコなしでお話しします」と切り出すと、カメラのシャッター音が響いた。

 文部科学省が、公立学校教員の勤務時間設定を学校ごとに可能とする1年単位の「変形労働時間制」導入を柱とする教職員給与特別措置法(給特法)改正案を国会に提出するのに先立ち、西村さんが1人で手配し、開いた集会だった。「勤務時間を延ばすより、8時間で帰れる職場にしたい」との訴えに与野党の議員が聴き入った。9月中旬に始めた変形労働時間制の撤回を求める緊急のネット署名に、3週間で3万筆以上が集まったことも報告した。

 1972年に施行された給特法は、教員の勤務時間外の部活動指導などを残業と認めていない。その結果、教…

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文872文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです