メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第65回学校読書調査 きょうから読書週間(その1) 発見、家族とともに

 子どもと本の話をしていますか――。毎日新聞が全国学校図書館協議会(全国SLA)と合同で実施した「第65回学校読書調査」で子どもたちの読書体験などを探ったところ、家の人と読んだ本についてよく話をする子どもほど、本をよく読む傾向が浮かんだ。27日から11月9日まで読書週間。秋の夜長に家で読書はいかがですか。【平林由梨、岩嶋悟、佐藤航】

 今回の調査では、子どもの読書と大人との関係を一つの柱に取り上げた。

 「家の人と読んだ本の話をするか」を尋ねたところ、「よく話をする」は小学生16%、中学生10%、高校生7%。「ときどき」は小学生36%、中学生31%、高校生25%。二つを合わせた「話をする」層は小学生52%、中学生41%、高校生32%。小学生では過半数だが中高と進むにつれほぼ10ポイントずつ減少し、少数派に転落する。

この記事は有料記事です。

残り1650文字(全文2010文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです