メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第65回学校読書調査 きょうから読書週間 子どもの口コミも鍵 秋田喜代美・東京大教育学部長

インタビューに答える秋田喜代美・東京大教育学部長

 家の人と読んだ本の話をすることが、子どもの「次の本を読もう」という意欲につながることを示唆する興味深い結果だ。

 読書には「読め」という命令形は似合わない。子どもに自発的に本を手に取ってもらうためには、「本が読みたい」と思えるような環境を整えることが必要だ。大人が本を読む姿や、本の話題などを通して、間接的に読書の楽しさが伝わることに意味があることが示された。

 本の話をするのに家に大きな本棚はいらない。読んでおもしろかった本が家の目につくところに置いてあるだけでもよい。最近は小説を原作にした映画やドラマも豊富だ。会話の糸口は意外と広い。思春期になると身近な大人との会話が減るのは当然だが、そんな中で、逆に読書が関係を深めるきっかけにもなる。

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです