メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

ミズノ 美濃出身 舟を連想「津」に発展願う

ミズノの企業ロゴ。惑星の軌道をイメージし、2006年から使っている=ミズノ提供

 1906年、大阪市で水野利八氏(1884~1970年)と弟・利三氏が「水野兄弟商会」を創業し、洋品雑貨や野球ボールの仕入れ販売を始めたのが起源。10年、今の社名につながる「美津濃商店」に改名した。かつての美濃国(みののくに)で、舟運が盛んだった岐阜県大垣市西船町(現南切石町)生まれの利八氏が、「水野」と同じ読み方のまま、「美濃」および舟とゆかりある「津」の字を組み合わせた。

 改名の契機は不明だが、利八氏が「将来、店が発展したとき、子孫以外の人材に立派な才能をもった人ができ…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです