メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 携帯電話料金ルールなぜ変えた?=回答・加藤明子

大手3社の携帯電話料金

値下げ狙い囲い込み規制 端末代含めると小幅減

 なるほドリーマン君 携帯電話料金のルールが変わったんだって?

 記者 政府は、携帯電話会社の料金設定などを規制する電気通信事業法と総務省令を改正し、10月1日に施行しました。携帯電話各社の競争を促し、通信料を引き下げるのが狙いです。総務省の家計調査(総世帯)によると、1世帯が1年間にかける携帯電話通信料は2018年に10万3343円と、5年で24%増えており、家計の負担を軽減する狙いがあります。

この記事は有料記事です。

残り1518文字(全文1739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです