メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 C級2組 5回戦 黒田が混戦制す 持ち味生かし白星先行に

黒田尭之四段

 <第78期順位戦C級2組 黒田尭之四段VS西田拓也四段>

 今回は黒田尭之(たかゆき)新四段を紹介しよう。黒田は松山市出身の23歳。6歳で父から将棋を教わり、すぐに松山将棋センターに通う。席主の児島有一郎さんが鍛えて強くなり、倉敷王将戦高学年の部で優勝しプロ棋士を目指す。イベントで松山に来た畠山鎮八段に弟子入りし、小学6年のときに奨励会入り。夜行フェリーで通った。バスで2時間かけて港へ行き、船で1泊して翌朝6時に大阪港に。さらに電車で40分かけて大阪市福島区の将棋会館へ。これをずっと続けた。棋士になってからは飛行機を使っている。

 研究は主にネット将棋とAIで。高校を卒業してからは記録係で大阪に出てきた前後に奨励会員と研究会を行った。順調に昇段し、16歳で三段になるが、三段リーグでは2期連続で5勝しかできないなど苦戦した。その後も昇段の一局を負けたり、次点になるなど、チャンスを逃したが地道な努力で棋力を上げ、三段リーグ12期目に13勝5敗の成績を上げ卒業、4月に四段に昇段した。愛媛出身の棋士は森信雄七段以来43年ぶりだ。

この記事は有料記事です。

残り918文字(全文1384文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  3. イオン、就業時間中は全面禁煙に 従業員45万人対象 「卒煙」支援も

  4. ORICON NEWS ジャングルポケット・斉藤慎二、新型コロナ感染 相方おたけ&太田博久は陰性

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです