メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 C級2組 5回戦 黒田が混戦制す 持ち味生かし白星先行に

黒田尭之四段

 <第78期順位戦C級2組 黒田尭之四段VS西田拓也四段>

 今回は黒田尭之(たかゆき)新四段を紹介しよう。黒田は松山市出身の23歳。6歳で父から将棋を教わり、すぐに松山将棋センターに通う。席主の児島有一郎さんが鍛えて強くなり、倉敷王将戦高学年の部で優勝しプロ棋士を目指す。イベントで松山に来た畠山鎮八段に弟子入りし、小学6年のときに奨励会入り。夜行フェリーで通った。バスで2時間かけて港へ行き、船で1泊して翌朝6時に大阪港に。さらに電車で40分かけて大阪市福島区の将棋会館へ。これをずっと続けた。棋士になってからは飛行機を使っている。

 研究は主にネット将棋とAIで。高校を卒業してからは記録係で大阪に出てきた前後に奨励会員と研究会を行…

この記事は有料記事です。

残り1067文字(全文1384文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  5. 中村哲さん、無言の帰国 妻、長女らがひつぎに花束 葬儀は11日、福岡市で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです