メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『百舌落とし』 著者・逢坂剛さん

逢坂剛さん

 ◆『百舌落とし』 著者・逢坂剛(おうさか・ごう)さん

 (集英社・2200円)

諸悪の根源はなくならない

 本紙日曜くらぶで「道連れ彦輔 居直り道中」を連載中の逢坂剛さんが、33年間書き続けてきた累計260万部の警察小説「百舌(もず)」シリーズの完結作である。「こんなに長く続けるとは思わなかった。当時、公安警察の小説は誰も書いていなかった。初めてのテーマ、世界、キャラクターの創出が作家の醍醐味(だいごみ)です」

 本作は、シリーズ7作目になる。政界を引退した元民政党の茂田井滋は、趣味のバードウオッチングの最中に…

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文962文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  2. 札幌・JR琴似駅近に無人ホテル 訪日客の利用期待

  3. 未消化の有給休暇、どうか成仏して…大阪で「供養」イベント

  4. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  5. グレタさん、自己紹介欄に「ガキ」 ブラジル大統領の「あんなガキ」発言で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです