メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新体操 世界クラブ選手権 個人総合決勝、前半大岩8位

 第2日は26日、群馬県の高崎アリーナで決勝前半が行われた。個人総合で世界選手権19位の大岩千未来(イオン)がフープ18・850点、ボール21・400点の合計40・250点で8位につけた。世界選手権代表の喜田純鈴(エンジェルRG・カガワ日中)は13位。

 世界選手権銀メダルのアリーナ・アベリナ(ガスプロム=ロシア)がフープ23・400点、ボール23・150点の合計46・550点で首位に立った。双子の妹で世界選手権5冠のジーナ(同)はクラブ23・600点、リボン20・650点の合計44・250点で3位。シニア2人とジュニア1人の合計得点によるクラブ対抗は20連覇を狙うガスプロムがトップ。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 「離さへん!」再現 朝ドラ「スカーレット」舞台で松下洸平さんトークショー

  5. ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです