メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

風水師 王の運命を決めた男 権力奪い合って墓暴き 大真面目ゆえこっけい

 朝鮮王朝(李朝)時代を舞台とする宮廷陰謀ドラマ。若い国王は弱々しく、政府の実権を握る重臣は悪賢く、美しい女性もちゃんと登場するという具合で、いかにもお約束通りのお話。素直に権力闘争に勤(いそ)しめばいいようなところですが、そこにひとひねり。お墓をどこにするのかという権力闘争なんです。

 映画の鍵を握るのは風水です。ほら、方位地形の吉凶禍福を教える中国古来の思想ですね。気の流れを捉え、どこに都を設けるべきか、どこに家を建てたらよいかなど、運を開くことができる空間を教えてくれる。中国だけでなく、朝鮮半島、さらに日本にも伝えられ、重要な政治決定を左右する力を及ぼしてきました。

 風水では運気の集まる土地のことを明堂と呼ぶとのことで、明堂にお墓があるかどうかによって王朝の繁栄が…

この記事は有料記事です。

残り1297文字(全文1635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  4. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  5. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです