メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つながる!道の駅旅案内

長崎・夕陽が丘そとめ 美しい夕日と世界文化遺産

道の駅から望む美しい夕日

 <ZENRIN>

 秋たけなわで夕日が美しく見える季節になりました。夕日を望める露天風呂がある福井県越前町の道の駅「越前」から、今回は長崎市の「夕陽(ゆうひ)が丘そとめ」を紹介します。

 東シナ海に面した長崎県西部は、絶好の夕日観賞スポットが数多く存在し、「ながさきサンセットロード」として国土交通省の「日本風景街道」に指定されています。中でも海沿いの丘陵地にある夕陽が丘そとめからの眺めは、息をのむような美しさと評判で、日没時間に合わせて多くの人が訪れます。気象条件が良ければ五島列島を望むことができます。

 夕日だけでも十分魅力的ですが、道の駅がある外海地区は2018年に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界文化遺産に登録されました。出津(しつ)、大野集落には1879(明治12)年に赴任したフランス人宣教師マルコ・マリー・ド・ロ神父が建てた教会堂があります。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳

  2. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  3. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  4. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです