メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏、大統領選向け好材料 IS指導者殺害 シリア政策迷走穴埋め

IS最高指導者バグダディ容疑者死亡を発表するトランプ米大統領=2019年10月27日、AP

 米軍特殊部隊の急襲作戦によりバグダディ容疑者が死亡したことは、対シリア政策が迷走し米国内で批判を浴びているトランプ大統領にとって、絶好のタイミングで訪れた朗報となった。来年の大統領選に向けて自らの政策を正当化する材料としたい考えだ。

 「バグダディ(容疑者)を捕まえるか殺害するかは、私の政権の安全保障政策の最優先課題だった」。トランプ氏はバグダディ容疑者死亡を発表した声明で、そう強調した。

 米国内では、米軍のシリア北部からの全面撤収を一方的に発表したトランプ氏に対し、野党の民主党のみならず、トランプ氏を擁護する立場の与党の共和党上院幹部からも批判の声が上がった。

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです