メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TX新型車両を報道公開 1車両に防犯カメラ4台設置 20年春運行

新型車両「TX-3000系」=茨城県つくばみらい市筒戸で2019年10月25日、庭木茂視撮影

[PR]

 つくばエクスプレス(TX)を運行する首都圏新都市鉄道(本社・東京)は25日、新型車両「TX3000系」をTX総合基地(茨城県つくばみらい市筒戸)で報道陣に公開した。新型車両は5編成(1編成6両)導入し、2020年春に運行を始める予定。

 同社によると、車内の座席のクッション性を改良。一般座席より座面を15ミリ高くし、座面に傾斜を付けることで立ち上がる時の体への負担を軽減した優先席を各車両に1カ所ずつ配置した。1車両に4台の防犯カメラを設置した。

 新型車両5編成を導入することで、朝のラッシュ時間帯の最混雑区間(青井・東京―北千住・東京)の1時間当たりの最大運行本数は、現行の22本から25本に増えるという。新型車両は、11月3日にTX総合基地で開かれる「TXまつり」で一般公開される。【庭木茂視】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです