メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

車内に香るハーブの匂い 「セージトレイン」運行 伊賀鉄道

香りのする袋や毛糸、リボンで飾られたセージトレインの車内とポストカード形切符=三重県伊賀市の伊賀鉄道上野市車庫で2019年10月4日午後4時14分、大西康裕撮影

[PR]

 伊賀鉄道(三重県伊賀市)は、ハーブの一種のセージの香りがする袋や布で飾り付けをした「セージトレイン」を走らせている。同市霧生の「メナード青山リゾート」ハーブガーデンで開催中のセージフェスタに合わせた運行。フェスタが終了する11月24日まで運行する。

セージフェスタが開かれているメナード青山リゾートのハーブガーデン=2019年10月22日午後1時4分、稲垣淳撮影

 ブルーとグリーンの「忍者列車」の伊賀上野駅寄り各1両のつり革や手すり付近にセージ色や香りがするリボン、袋を取り付けた。

 セージの香りを付けたポストカード形の「セージきっぷ」(大人370円区間用)も上野市(忍者市)駅と伊賀神戸駅で各200枚販売する。切符は中学生以上のハーブガーデン入園料が半額の550円になる特典付き。

 青山リゾートによると、広さ約8ヘクタールのハーブガーデン内にセージ畑は約1ヘクタールあり、5万株が植えられている。すでに色付き始め、10月中旬から見ごろを迎えたという。10月中は北海道フェアとしてラベンダーの苗などを販売している。

 問い合わせは上野市駅(0595・21・3231)か青山リゾート(0595・54・1326)。【大西康裕】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  3. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです