メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「思い背負いタイム縮める」早世のOBらが寄付、新ユニホーム披露 新潟大陸上部

新潟大陸上部への寄付で新調されたユニホームを持つ同部の森悠人さん(左)と高橋姿学長=新潟市西区の新潟大で2019年10月26日午前11時2分、井口彩撮影

 11月3日に名古屋市―三重県伊勢市間で開催される全日本大学駅伝に、新潟大陸上競技部が出場する。26日に同大であった激励会で、昨秋20代で亡くなった同部OBや、同窓会の寄付で作った新ユニホームが披露された。

 同大によると、寄付したのは2011年に法学部に入学した陸上競技部OBで、26歳で亡くなった長野市出身の内藤武彦さんの家族。内藤さんは高校入学後に難病との診断を受け、陸上競技から退いた。新潟大では陸上競技部マネジャーとして活動したが、3~4年次に体調を崩し入院・手術した。医療現場を…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  3. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し

  4. 東名あおり運転控訴審 初公判で即日結審 危険運転致死傷成否が最大の争点 東京高裁

  5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです