メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リュウグウノツカイ「剥製」展示 富山湾発見で最大 魚津水族館

ブリなどが泳ぐ水槽の前に展示されたリュウグウノツカイの剥製=富山県魚津市の魚津水族館で2019年10月26日午前11時24分、森野俊撮影

 深海に生息する珍魚「リュウグウノツカイ」の剥製の展示が26日、富山県魚津市の魚津水族館で始まった。富山湾の魚が泳ぐ水槽の前に設置され、訪れた人の注目を集めている。

 剥製は、今年4月に入善町の海岸に漂着した個体。全長441.7センチ、体重43.4キロと、富山湾でこれまでに発見された中では最大という。…

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文340文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レバノン首都で巨大爆発 「負傷者多数」ロイター報道

  2. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. レバノン首都爆発「何らかの爆弾」 トランプ氏、詳細言及せず

  5. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです