「おれは大丈夫」100歳岡田コウさん、自宅で「観音様のような」最期 台風19号 いわき

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
台風19号で犠牲になった福島県いわき市の岡田コウさん=親戚提供 拡大
台風19号で犠牲になった福島県いわき市の岡田コウさん=親戚提供

 「おれは大丈夫だ。気をつけて帰れ」。台風19号による河川の氾濫で自宅が浸水し死亡した福島県いわき市平赤井の岡田コウさん(100)は風雨が強まる前の今月12日、自分の家へ避難するよう迎えに来ためいの志賀ミサ子さん(75)にこう告げたのが最後の言葉になった。

 嫁いで約60年、夫を亡くして約30年、高齢になっても自分でコメを炊いて仏壇へのお供えを欠かさず、「頑固」に1人で家を守ってきた叔母だけに説得は難しかった。岡田さん宅は平屋で、13日未明に近くの夏井川が氾濫し、約2メートル浸水。水が引き始めた早朝、助けに向かった近所に住む親戚らが冠水した廊下にうつぶせで沈んでいるのを見つけた。

 親族らによると、岡田さんは100歳になった今でも、足は不自由だったがつえをついて自ら近くのコンビニエンスストアに買い物に出かけ、身の回りのことはほとんどこなしていた。介護施設への入所を勧めても「おれの家だから、ここがいいんだ」と頑として首を縦に振らなかったという。

 以前は一緒に旅行に出かけ、日ごろも様子を見に行くなど家族ぐるみで付き合ってきたすぐ近くの親戚、岡山洋子さん(74)は「気丈で、しきたりや礼儀を大事にしていて、実の母親のようだった。子どもにも戦前の思い出話をしてくれるなどかわいがってもらった」。岡山さん方も浸水し、避難した屋根裏から夫が「年寄りがいる」と繰り返し消防や警察に岡田さんの救助を求めたという。

 岡田さんは今月22日、101歳の誕生日を迎えるはずだった。岡山さんは「内臓は悪くないし、お金の管理などもしっかりしていた。110歳までも生きられただろうから残念だけど、この家で最期を迎えられたのは本望だと思う」と話す。志賀さんも「最後まで自分を貫いた100点満点の人生。観音様のような顔で亡くなっていた」と涙をこらえた。【乾達】

あわせて読みたい

注目の特集