メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貴景勝が大関復帰 御嶽海、大関昇進の目安は12勝 九州場所の番付発表

取組前に土俵を清める御嶽海=東京・両国国技館で2019年9月20日、滝川大貴撮影

 日本相撲協会は28日、九州場所(11月10日初日・福岡国際センター)の新番付を発表した。小結は3場所連続の阿炎、2場所連続の遠藤に加え、4場所ぶりの北勝富士と新三役の朝乃山の4人になった。小結4人は、2006年九州場所での稀勢の里、黒海、安美錦、露鵬以来となる。

 秋場所で2度目の優勝を果たした関脇・御嶽海は三役連続在位を17場所に伸ばした。名古屋場所の9勝、先場所の12勝に続き、九州…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです