メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関学大2年連続57回目V 関大に競り勝つ 関西学生アメリカンフットボール

 アメリカンフットボールの関西学生リーグは27日、兵庫・王子スタジアムで第6節の残り2試合があり、関学大が関大に競り勝って開幕6連勝とし、2年連続57回目の優勝と全日本大学選手権の出場を決めた。同リーグ最多優勝記録を更新し、11月10日に立命大に勝つか引き分ければ単独優勝となる。敗れれば立命大と6勝1敗で並んで両校優勝となり、同選手権には直接対決で勝った立命大が1位、関学大が2位の扱いで出場する。

 神戸大は同大を零封し、4勝2敗の関大と神戸大が4位以上を決めた。最終節で関大、神戸大がともに勝ち、立命大が関学大に敗れた場合は3校が5勝2敗の2位で並ぶ。その場合は抽選で順列を決め、同選手権に出場する残り2校が決まる。

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 入院希望でもホテル行き 糖尿病のコロナ感染者が感じた大阪の医療崩壊危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです