メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関学大2年連続57回目V 関大に競り勝つ 関西学生アメリカンフットボール

 アメリカンフットボールの関西学生リーグは27日、兵庫・王子スタジアムで第6節の残り2試合があり、関学大が関大に競り勝って開幕6連勝とし、2年連続57回目の優勝と全日本大学選手権の出場を決めた。同リーグ最多優勝記録を更新し、11月10日に立命大に勝つか引き分ければ単独優勝となる。敗れれば立命大と6勝1敗で並んで両校優勝となり、同選手権には直接対決で勝った立命大が1位、関学大が2位の扱いで出場する。

 神戸大は同大を零封し、4勝2敗の関大と神戸大が4位以上を決めた。最終節で関大、神戸大がともに勝ち、立命大が関学大に敗れた場合は3校が5勝2敗の2位で並ぶ。その場合は抽選で順列を決め、同選手権に出場する残り2校が決まる。

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  4. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです