メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発達障害、箸と会話の両立困難(その1) ぼくが食べられない理由知って

偏食の体験をもとに絵本「あっくんはたべられない 食の困難と感覚過敏」を出版した菊間章紘さん=東京都東村山市で、塩田彩撮影

 「果物の粒が口の中ではじける刺激が耐え難い」「予想と違う味だと食べられない」……。好き嫌いやわがままで片付けられがちな子どもの強い偏食について、近年、発達障害に起因する感覚過敏・鈍麻やこだわりの強さなどが関連していることがわかってきた。「食の困難さ」を抱える子どもたちにどう向き合えばいいのだろうか。【塩田彩】

この記事は有料記事です。

残り1631文字(全文1787文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです