メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動き出す仏たち

活用の時代に 盗難防止の「お身代わり」 地域の若者と「物語」を作る

槙尾山明神社のご神像(中央奥)の3Dプリンターで作られた「お身代わり」に、古色を再現する和歌山大の島田さくらさん=和歌山市の和歌山県立博物館で2019年9月10日午後2時50分、花澤茂人撮影

 霊峰・高野山のお膝元、和歌山県九度山町。町立九度山中学校のすぐ近くに、古くから住民の手で大切に守られている「槙尾(まきお)山明神社(みょうじんしゃ)」の社殿がある。初詣や秋祭りでは多くの住民が集う場だ。「ここに神様がおられるから地域の人が集まり、つながりが生まれる。大切な存在です」。神社を管理する「明神会」の一員、尾﨑凖一郎さん(82)がかみしめるようにつぶやく。

 しかし、現在ここにまつられている神像は、3Dプリンターで作られた「お身代わり」だ。町教委などの近年…

この記事は有料記事です。

残り1154文字(全文1388文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア・ザギトワ選手「活動停止」 事実上の引退宣言の可能性 18年平昌五輪“金”

  2. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  3. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

  4. 五輪特需、延長頂きました スナック、キャバクラなど会場周辺で容認へ 警視庁検討

  5. Dr.STONE テレビアニメ第2期の制作決定 「ジャンプ」の人気マンガが原作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです