メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

犬が西向きゃ

街角の偉大な映画人=高尾具成

 神戸・新開地は映画の街だ。かつて、この街角の電信柱にしがみつきながら、映写室の小窓の向こうに見える映画を、手が痛くなるのも忘れて見入っていた少年がいた。後に、新開地の映画館「Cinema KOBE」(シネマ神戸)の代表を務めた東有治さんだ。今月11日、62歳で逝った。

 阪神大震災直後、仲間と一緒に毎日のようにあたたかいコーヒーを道行く人たちに配った経験があり、その後、神戸・元町に「cafe Azuma」(カフェ・アズマ)を開いた。映画館で仕事をする前の十数年間、東さんが営んでいた喫茶店だ。丁寧なコーヒーのたて方とも重なって最初は気難しい印象だった。ある日、常連客の一人が教えてくれた。「映画と一緒。後々、じんわりと人柄のおもしろさがわかってきますよ」

 店内のラッパ形のスピーカーからは、ドーナツ盤の柔らかな音色が流れていた。創刊当時からの米写真雑誌「…

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文941文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  5. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです