連載

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

連載一覧

憂楽帳

時差でグッスリ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
カナダ・ミシサガ市役所の企業誘致担当者らが来社、オフィス設立について話し合う=ビヨンドで
カナダ・ミシサガ市役所の企業誘致担当者らが来社、オフィス設立について話し合う=ビヨンドで

 「所変われば時差がある」と思い立った大阪市のIT企業「ビヨンド」は、「働き方改革」を目的にカナダオフィス(オンタリオ州南部ミシサガ)の来春設立を進めている。

 24時間365日、契約社のサーバーを「寝ずの番」で監視する同社。深夜であろうとトラブルが起きれば即座に対応が求められる。そこで13時間の時差を利用すれば、日本では深夜番勤務となる時間帯でも、…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集