メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19記者リポート

光秀ゆかりの地 大河誘客 取り組み新た /福井

地域住民によって守られてきた光秀を祭る明智神社=福井市東大味町で、塚本恒撮影

 戦国武将、明智光秀の生涯を描く来年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の放送を控え、県内各地に残る光秀ゆかりの地が注目されている。織田信長の家臣となる前に越前国・朝倉義景に鉄砲指南役として仕えたとされる光秀。青年期を過ごしたと伝わる地をPRして歴史ファンらの誘客を図ろうと、各地で新たな取り組みが始まっている。【塚本恒】

この記事は有料記事です。

残り1118文字(全文1282文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  4. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです