メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街かど・撮っておき

JR貨物「神戸臨港線」廃線跡 草茂る鉄路の記憶 /兵庫

架線を支えた鉄柱が残る歩道橋=神戸市中央区脇浜町で、北林靖彦撮影

 神戸市の市街地図を眺めて見つけた不自然な“線”。それはJR灘駅あたりから南西に斜めに延びていた。調べると、2003年11月30日、96年の歴史に幕を閉じたJR貨物専用線「神戸臨港線」(東灘信号場駅―神戸港駅3・4キロ)の廃線跡だとわかった。

 今はどうなっているのか、と灘駅に降り立った。南口から歩いて数分、小さな緑地広場の片隅にあったのは数メートルの線路のモニュメント。廃線跡だ。

 南西に向かった。まっすぐ伸びた遊歩道を爽やかな秋の太陽が照らしている。横には「臨港線 灘区岩屋北町…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 「話がしたかった」新幹線車掌、同僚女性をグリーン車に無賃乗車させる JR西、2人を処分

  5. 公明・山口代表、升酒乾杯で「迷惑かけた」 桜を見る会めぐり陳謝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです