メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街かど・撮っておき

JR貨物「神戸臨港線」廃線跡 草茂る鉄路の記憶 /兵庫

架線を支えた鉄柱が残る歩道橋=神戸市中央区脇浜町で、北林靖彦撮影

 神戸市の市街地図を眺めて見つけた不自然な“線”。それはJR灘駅あたりから南西に斜めに延びていた。調べると、2003年11月30日、96年の歴史に幕を閉じたJR貨物専用線「神戸臨港線」(東灘信号場駅―神戸港駅3・4キロ)の廃線跡だとわかった。

 今はどうなっているのか、と灘駅に降り立った。南口から歩いて数分、小さな緑地広場の片隅にあったのは数メートルの線路のモニュメント。廃線跡だ。

 南西に向かった。まっすぐ伸びた遊歩道を爽やかな秋の太陽が照らしている。横には「臨港線 灘区岩屋北町5丁目」と書かれたピカピカの表示板。16年前まで、ここを貨物列車がゴトゴトと走っていた光景が浮かんだ。鉄道の橋台を再利用した歩道橋が国道2号をまたぎ、架線を支えた鉄柱が歩道をまたいでいる。橋を渡ると遊歩道沿いに100メートルほどの線路と古びた鉄道標識。「臨港線を忘れるな」。雑草が茂る線路はそう語って…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです