メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

継続は力なり

わかやま100年企業の挑戦 天田屋 金山寺味噌、次世代へ 一子相伝の味、質に自信 /和歌山

一子相伝の味を守る10代目の中村公治さん(右)、長男の勇太さん=御坊市湯川町で、国本ようこ撮影

 のれんをくぐると、ほのかに酸っぱいような、漬物に似たかぐわしい味噌(みそ)の匂いが漂っていた。1808年創業の金山寺味噌の老舗「天田(あまだ)屋」(御坊市湯川町)では、10代目店主の中村公治さん(53)が、化学調味料を使わない昔ながらの製法で一子相伝の味を守り続けている。「なぜかわかりませんが、お客さんには他のお店の金山寺味噌より発酵臭が強いと言われます。工場見学で樽をのぞいた小学生は『くさっ!』と。お年寄りは『ええにおいや』て言わはるけどね」。

 金山寺味噌は米、裸麦、大豆を蒸して麹(こうじ)菌を加えた味噌麹に、ナスなどの野菜を漬け込んだ和歌山…

この記事は有料記事です。

残り1137文字(全文1413文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです