メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日新聞世論調査 キャッシュレス決済「利用始めた」7%

 毎日新聞が26、27両日に実施した全国世論調査で、消費増税に合わせて政府が導入したキャッシュレス決済で最大5%をポイント還元する制度について尋ねた。この制度をきっかけにキャッシュレス決済の「利用を始めた」は7%。「利用を検討している」の13%を合わせると、2割の人がキャッシュレス決済の利用を後押しされたようだ。キャッシュレス決済を「以前から利用している」と「利用するつもりはない」はいずれも35%だった。

 キャッシュレス決済の利用状況は年代ごとの差が大きく、40代以下は50%が「以前から利用している」のに対し、50代は34%、60代は29%、70歳以上は19%だった。「利用するつもりはない」は40代以下の20%に対し、50代31%、60代43%、70歳以上54%だった。

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文750文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  4. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  5. WHO、新型肺炎の世界的流行を認定 危険性評価「非常に高い」へ引き上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです