メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CONNECT・つなぐ

パラリンピック300日前 パラ、金メダル獲得本腰

 障害者スポーツ界待望の強化拠点が誕生した。国が東京都北区に整備した味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)拡充棟「NTCイースト」だ。パラリンピックを目指す選手が優先的に利用するが、五輪選手と共用とされたのも特徴で、情報共有などで融合が期待される。東京パラリンピックは30日で開幕まで300日。前回リオデジャネイロ大会での史上初の金メダルゼロから再起を期す日本代表の追い風となるか。

 拡充棟はNTCの東側に隣接する都有地に国が約194億円を投じて整備した。地上6階、地下1階で延べ面積は約3万平方メートル。水泳、フェンシング、卓球、アーチェリー、射撃の5競技の専用練習場が設けられ、50メートルプールは水深3メートルで10コース、卓球場は最大28面のコートが取れる広さだ。そのほか球技で使う共用の屋内コート4面も設けられた。食堂や宿泊施設も備えている。

 9月の正式オープン前の7月に利用が始まり、今月16~20日に東京体育館で行われた国際大会「ワールドチャレンジ」で3位になった車いすラグビー日本代表も直前合宿を開いた。「(食堂での)温かいご飯がうれしかった。他の競技の選手もいて刺激も得られる」と選手たちにも好評だった。NTC副センター長の河合純一・日本パラリンピアンズ協会会長は「(選手強化を)加速度的に進めていくことができる環境になった」と手応え…

この記事は有料記事です。

残り2455文字(全文3035文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象に

  2. 特集ワイド コロナショック 大谷義夫医師「最強の体調管理」 朝食欠かさず昼寝、散歩を よく笑って免疫力アップ

  3. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  4. 緊急事態宣言 休業か、一部営業か「あらゆる事態想定」 対応追われる百貨店

  5. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです