メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書を生かす

情報公開法成立20年/7 民間に残る刑事記録 朝鮮人虐殺実態伝える

 刑事裁判の古い記録は国が保存していなかったり、閲覧が困難な場合がある。ところが意外な所に残って、歴史的事実の解明に役立つことがある。

 96年前の1923年9月に起きた関東大震災の直後、現在の東京都足立区柳原で多数の住民が朝鮮人8人を虐殺し、このうち住民11人が殺人罪に問われて裁判にかけられた。この事件の検事局・警察による被告の調書・聴取書の写しが現存する。マイクロフィルム374枚には筆文字で「鮮人ヲヤツケタ」「滅茶苦茶(めちゃくちゃ)ニ朝鮮人ヲ殴リマシタ」と生々しい加害行為の供述が残る。

 弁護人の塚崎直義が謄写業者に依頼して作り、東京弁護士会・第二東京弁護士会合同図書館に寄贈したものだ…

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文886文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  4. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです