メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

大蔵流狂言師・五世茂山千作さん=9月21日死去・74歳

=小松雄介撮影

剛直にして壮大 五世茂山千作(しげやま・せんさく)さん=膵臓(すいぞう)がんのため、9月21日死去・74歳

 千五郎から五世千作を襲名したのが3年前。ようやく名前が身に添うてきたと思う矢先のお別れであった。天才と賞された父の名跡を継いだことで、そのプレッシャーはただならぬものだったと想像する。しかし、父の飄々(ひょうひょう)とした天衣無縫な芸とは一味ちがう、剛直にしてスケールの大きな「千作」の舞台を見せてくれていた。足拍子は客席まで揺らす力強さがあったし、朗々とした美声による謡は我々をうっとりさせてくれた。

 堂々とした正統派でありながら、どのようにしたらもっとおもしろいことができるかを常に考えていた。新作…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文773文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです