メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

書家・田村空谷さん=8月30日死去・83歳

美術との垣根超え 田村空谷(たむら・くうこく)さん=誤えん性肺炎のため、8月30日死去・83歳

 この夏、田村空谷さんの魅力を再認識する同じ内容の問い合わせを2件受けた。昭和42年9月発刊の「奎星」誌に掲載されている「ネオ墨象論の発展のために」のことだ。これは毎日前衛書展を語る座談会のタイトルで、別頁(ページ)に「墨象以後考察」も載っている。空谷さんが司会を務め、ネオダダ運動の画家、篠原有司男氏等が加わり、鋭い問題提起をしている。資料価値を持たれての依頼だと思い、すこぶる感動した。ご無沙汰も兼ねて空谷さんにお知らせしようと思っていた矢先、突然の訃報が入る。愕然(がくぜん)として胸に込み上げる哀(かな)しみを覚えな…

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  4. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  5. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです