メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乾杯!世界のどこかで

樹液を発酵、ほのかな酸味 インドネシア、伝統酒バロ

じょうろでビニール袋になみなみと注ぎ入れるバロ売りの男性(右)

 <くらしナビ ライフスタイル>

 飲酒を戒めるイスラム教を信仰する人が多数を占めるインドネシアにも、その土地の人々が長年守ってきた酒がある。ココヤシやサトウヤシなどから造る素朴な酒で、多くはキリスト教やヒンズー教の影響が強い地域で飲まれてきた。流通はほとんどしていない。歴史や文化を色濃く残す味わいを求め、中部スラウェシ島を訪ねた。

 スラウェシ最大の都市マカッサルから夜行バスで北へ約10時間。北トラジャ県に到着すると、山頂に建てら…

この記事は有料記事です。

残り1683文字(全文1899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  4. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです