メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学びコンパス

オンライン家庭教師 一流の先生と「1対1」

パソコン越しに1対1で英語の授業をする杉山一志さん=千葉県市川市で、喜屋武真之介撮影

 <受験のトビラ juken no tobira>

 インターネットを使った学習方法「eラーニング」が急速に普及している。「オンライン家庭教師」もその一つ。居住地に関係なく質の高い指導を1対1で受けられるとして、じわじわと利用者が増えている。

 「書いた文章、見せて」。10月のある午後、千葉県市川市の英語講師、杉山一志さん(42)は自宅マンションでパソコン画面に向かって話しかけた。相手は京都府に住む浪人生、川村侑生(ゆうき)さん(20)。2人はパソコンの内蔵カメラでテレビ電話のようにやりとりする。これとは別にスタンド式カメラが机に置かれ、川村さんが書いた英語の和訳を映し出す。目を通した杉山さんは「いいね! うまく要約できてる」とほめた。

 川村さんは苦手科目の英語を鍛えるため今年4月から1コマ100分の杉山さんの「オンライン授業」を週4日受けている。杉山さんは大手予備校で教え、参考書も多数執筆している。川村さんは「都心の『一流の先生』の指導を自宅にいながら1対1で受けられるのが魅力。分からない時にすぐ聞けるし、何より分かりやすい」と満足する。

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文835文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  3. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

  4. ここが焦点 大阪の経済成長、本物? 11~17年度、全国平均届かず 15年度以降、訪日客増で好況

  5. ORICON NEWS 伊藤健太郎容疑者、12月放送予定のNHKドラマ降板 オンデマンドでの作品販売も停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです