メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

剣道 全日本学生優勝大会 中大が連覇

決勝の大将戦で筑波大の星子(左)を攻める中大の本間=吉田航太撮影

 学生剣道の男子団体日本一を争う第67回全日本学生優勝大会(全日本学生剣道連盟、毎日新聞社主催)が27日、千葉市の千葉ポートアリーナであり、中大が2年連続14回目の優勝を果たした。

 7人制で行われる大会は、昨年と同じ決勝の顔合わせ。2年ぶりの優勝を狙う筑波大と大将戦までもつれる接戦になったが、主将の本間(熊本・九州学院、4年)が星子(同、3年)に2本勝ち。第1回、2回大会(1953、54年)以来の連覇を果たした。

 連覇を引き寄せた一本だった。決勝の大将戦。中大の主将・本間が、初めの合図直後の初太刀で筑波大の星子からコテを奪った。

 6人目の副将戦を終え、勝ち数は同じ。本数は中大が1本少ない場面だった。本間にとって、相手の星子は九州学院高の1学年下の後輩だが、昨年の世界選手権の日本代表メンバーに唯一、大学生で選出され、今年の個人学生日本一。「全然、実力は(向こうが)上。考えるよりも必死で取りに行った」と本間。終了間際には捨て身でメンに飛び込んできた星子の手元が上がった瞬間に出コテを決め、優勝を自らの手でつかみ取った。

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文894文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相が「内奏」 天皇陛下に国政報告 皇居で2人きり

  2. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 「みさき公園」ついに閉園 多くの人に愛され63年 大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです