メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CONNECT・つなぐ

パラリンピック300日前 17歳、東北に希望を 車いすラグビー・橋本勝也選手

ワールドチャレンジの英国戦前の練習に取り組む橋本勝也選手(右)=東京体育館で20日、佐々木順一撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本代表の活躍で日本列島が熱狂に包まれたが、車いすラグビー界も負けてはいない。30日で開幕まで300日となる東京パラリンピックで悲願の金メダルを目指す新鋭がいる。最年少17歳の日本代表、橋本勝也選手(福島県立田村高2年)。「同じラグビーの選手として、諦めずに戦う姿を見ると、自分も頑張らないといけないと思った」と闘志を燃やしている。

 ラグビーW杯と時期を重ね「もう一つの世界大会」として16~20日に東京都内であった国際大会「ワールドチャレンジ」。橋本選手は鍛え抜かれた胸囲97・5センチの体で奮闘し、日本を3位に導いた。

この記事は有料記事です。

残り669文字(全文947文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染 

  3. 岐阜市のナイトクラブでクラスター 従業員と客の計10人感染確認 新型コロナ

  4. 東京都の感染者が新たに118人 初の3桁 新型コロナ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです