メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

辻元清美氏/下 「墨攻」 理念を示し、がむしゃらに 私の行動のバイブル

辻元清美衆院議員が手に持つ「墨攻」=東京都千代田区で2019年10月15日午後2時19分、内藤絵美撮影

ロングバージョン

 「辻元、これ読んでみ」と言われて知人から手渡されたのがこの本だった。30代前半で国際交流NGO「ピースボート」を運営していたころだ。その知人は、私が政治家に向いていると思っていたらしい。当時の私は夢にも思っていなかったが、当時も今も、私にとってはこの本が行動の「バイブル」となっている。

 父方の祖父が戦死して、父は中学卒業後にいわゆる「丁稚(でっち)奉公」に出た。私が生まれたのは父が25歳の時で、我が家の生活は不安定だった。6畳一間に親子4人が住んだりとかしていた。本を読むような余裕はなく、周りには大学に行っている人もいなかった。

この記事は有料記事です。

残り2443文字(全文2719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 消える遊郭の町家風情 奈良・大和郡山 老朽化進み3月以降4棟取り壊し

  5. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです