佐賀知事が国交相と会談 フル規格は困難と伝える 長崎新幹線

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
赤羽一嘉国土交通相(左)と握手を交わす佐賀県の山口祥義知事=国交省で2019年10月28日午後2時2分、竹林静撮影
赤羽一嘉国土交通相(左)と握手を交わす佐賀県の山口祥義知事=国交省で2019年10月28日午後2時2分、竹林静撮影

 九州新幹線・長崎ルートで佐賀県内を通る未着工区間(新鳥栖―武雄温泉)の整備方式を巡り、同県の山口祥義(よしのり)知事は28日、国土交通省で赤羽一嘉国交相と会談し、8月に与党プロジェクトチーム(PT)検討委員会が示したフル規格での整備方針に応じるのは困難との立場を伝えた。

 会談は双方の事務方を交えず、非公開であった。佐賀県は巨額の財政負担などを理由にフル規格での整備に反発しており、会談後、取…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

あわせて読みたい

注目の特集