メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐賀知事が国交相と会談 フル規格は困難と伝える 長崎新幹線

赤羽一嘉国土交通相(左)と握手を交わす佐賀県の山口祥義知事=国交省で2019年10月28日午後2時2分、竹林静撮影

 九州新幹線・長崎ルートで佐賀県内を通る未着工区間(新鳥栖―武雄温泉)の整備方式を巡り、同県の山口祥義(よしのり)知事は28日、国土交通省で赤羽一嘉国交相と会談し、8月に与党プロジェクトチーム(PT)検討委員会が示したフル規格での整備方針に応じるのは困難との立場を伝えた。

 会談は双方の事務方を交えず、非公開であった。佐賀県は巨額の財政負担などを理由にフル規格での整備に反発しており、会談後、取…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  5. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです