メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関電 役員の中元歳暮受け取り禁止へ 内規新設方針

金品受領問題で辞任を決め、記者会見場を後にする関西電力の八木誠会長(左端)と岩根茂樹社長(左手前から2人目)=大阪市福島区で2019年10月9日午後4時36分、山田尚弘撮影

 工事の発注先と関係が深い人物から幹部が多額の金品を受領していた関西電力が、取引先からの中元や歳暮などの贈答品について、受け取りを原則禁止する社内ルールを新設する方針を固めた。再発防止策の一環で、役員ら幹部職員を対象とする方向だ。

 中元や歳暮などの贈答や接待について、関電は内規などで「節度をもって良識の範囲にとどめる」と示している…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文417文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  5. 本との出会いで自分がちょっとずつ変わっていく 乃木坂46・高山一実さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです