メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日韓はなぜ袋小路に陥ったのか ベテラン識者が読み解くすれ違いの真相

インタビューに答える小此木政夫・慶応大名誉教授=東京都港区三田で2019年10月24日、宮本明登撮影

 韓国の最高裁が元徴用工への賠償を日本企業に命じたことを発端に悪化の一途をたどる日韓関係。歴史問題をめぐる対立は、経済や安保の分野にまで拡大し、もはや「袋小路」に陥っている。両国政府は何をどこで間違ったのだろうか。朝鮮半島の政治を半世紀以上見てきた小此木政夫・慶応大学名誉教授(74)に聞いた。【聞き手・國枝すみれ/統合デジタル取材センター】

――日韓関係をどう見ますか。

この記事は有料記事です。

残り2919文字(全文3104文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  3. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  4. 新型コロナ あやめ・ラベンダーフェス中止 開花前に刈り取り 久喜 /埼玉

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです