メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンボジア野党指導者帰国宣言 政府は関係者大量逮捕でけん制、緊迫

インタビューに答えるカンボジア救国党サム・レンシー前党首=東京都千代田区で2018年4月12日、太田康男撮影

 長期政権を率いるカンボジアのフン・セン首相と対立し、国外に逃れている最大野党・救国党の代表代行(前党首)、サム・レンシー氏(70)が来月9日に帰国すると表明し、支持者に結集を呼びかけている。サム・レンシー氏は本人不在のまま国家侮辱罪などで実刑判決が出ており、帰国すれば収監される。政権は「クーデターを狙っている」として、国内の救国党関係者を次々に逮捕しており、緊張が高まっている。

 サム・レンシー氏は1990年代から政権批判を繰り返しフン・セン氏と対立。海外逃亡と恩赦による帰国を…

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文788文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

  5. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです