メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU、英離脱期限を来年1月末まで延期 仏妥協 協定再交渉は応じず

トゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)=AP

 英国の欧州連合(EU)離脱をめぐり、EUは28日にブリュッセルで大使級会合を開き、今月31日と定められていた離脱期限を来年1月31日に延期する方針を決めた。トゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)がツイッターで明らかにした。離脱の延期は今回で3度目で、今月末の「合意なき離脱」は直前で回避された。

 延期は英国の要請に基づき、残るEU27加盟国が全会一致で決めた。近く加盟国首脳が書面で正式に決定する。

 EU側は、新たな期限までに英議会で離脱関連法案が通過すれば、その月の終わりに離脱を認める条件を付け…

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文756文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 広島の鈴木と新体操元五輪代表の畠山さんが結婚へ「力合わせ共に歩む」

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです