メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貧困の中「洗脳解けぬ」子供がテロ予備軍に 最高指導者死亡もIS存続

IS指導者のバグダディ容疑者を狙った米軍の作戦実施後、破壊された民家を見て回る現地住民ら=シリア北西部イドリブ県で27日、AP

 トランプ米大統領は27日、ホワイトハウスでテレビ演説し、米軍が26日にシリア北西部で過激派組織「イスラム国」(IS)の最高指導者アブバクル・バグダディ容疑者に対する急襲作戦を実施し、同容疑者が死亡したと発表した。AP通信によると米軍が数カ月前に拘束した側近の妻の供述などから、潜伏先を突き止めたという。トランプ氏は「世界はより安全な場所になった」とアピールしたが、中東などでは貧困や汚職といったISを生み出した負の要因は解消されないまま残っている。

この記事は有料記事です。

残り2312文字(全文2537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  3. くらしナビ・ライフスタイル @大学 大学・企業の変革主導に期待 「ジェンダー・ダイバーシティー」シンポ

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 大ガス、温室効果ガス2050年ゼロ宣言 「環境保護や社会貢献を意識」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです