キャベツを食べるウニ 大きくて、おいしくなった 神奈川県水産技術センターで展示

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
神奈川県水産技術センターの展示コーナーにある「キャベツウニ」の水槽=水産技術センターで岩崎信道撮影
神奈川県水産技術センターの展示コーナーにある「キャベツウニ」の水槽=水産技術センターで岩崎信道撮影

 神奈川県水産技術センター(同県三浦市三崎町城ケ島養老子)の展示コーナーに、キャベツを与えて育てているムラサキウニの水槽が加わった。

 三浦半島沿岸では、ムラサキウニによって海藻類が食い荒らされる被害が深刻化し、磯焼けの原因につながっているとされる。ムラサキウニが雑食性であることに目をつけた同センターは、廃棄される三浦産キャベツをエサに育てる取り組みを2014年に開始。17年には天然のウニ600匹に2カ月間…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文512文字)

あわせて読みたい

注目の特集